實相寺、正月御札の準備

今年も残すところわずかになってきました。今年のクリスマスは、ホントに寒いです。

さて、實相寺も正月準備を行っております。第一弾が、正月の御札の作製。

ちょっと、手順を交えてレポートです。

 

◇1.墨作り

書道で使う墨より、ちょっと粘度があった方がよい色に仕上がります。

最近は、機械で墨を擦ります。(ちょっと、ズルしてます)

(1)墨づくり

 

◇2.版木の準備

この版木、かなりの年代物でして、裏書きを見ていると「明治28年5月」のサインがあります。

明治28年は1895年にあたり、今から116年前のものです。

版木には「点頭宗祖日蓮大菩薩守護攸」と書いてあります。(←これについては、次回、ご説明します。)

(2)版木の準備

 

◇3.刷ります

コツは、薄ーくしっかりと墨を塗ると、上手くいきます。

(3)刷ります

 

◇4.バレンで刷り込みます

しっかりと刷り込みます。大小2つのバレンがあると、より鮮明に刷り込みができます。

(4)バレンで刷り込みます

 

◇5.一丁あがり

(5)刷り込み終了

 

◇6.これを70枚ほど作ります

時間にして、4時間ほど。次の日、筋肉痛になります・・・・・。

(6)70枚印刷します

 

◇7.ハンコを押します

2カ所、ハンコを押します。上の菱形のハンコが押しにくいんです・・・

(7)ハンコを押します

 

◇8.できあがり

これで、ようやくできあがりです

(8)できました

 

ことしも、無事に刷れました。毎年、檀家様にお渡しする分だけ作ってお渡しをしております。

今年も新年4日のご挨拶の時に、檀家様にお配りします。よろしくお願いいたします。

 

合掌

writer:若ボン

實相寺のモミジ、完成です

今年もいよいよ残すところ、あと2週間になりました。

さて、實相寺のもみじですが、ようやく紅葉しました。

例年からいうと、2週間遅れくらいでしょうか。今年は、11月が暖かい日が続いたのが影響したのか、

なかなか紅くなりませんでした。

實相寺の紅葉 12/18

實相寺の紅葉 12/18

實相寺でも、正月準備をそろそろ始めます。お札さんの印刷、鏡餅の準備等々。

しばらく忙しい日々が続きそうです。

合掌

writer:若ボン

 

 

 

實相寺紅葉、ようやくキレイになりました

朝晩、めっきり冷え込みました。

寒暖差があるこの時期、体調の変化には気をつけたいものです。

 

さて、實相寺のモミジ、ようやく紅葉しました。例年からいうと、2週間遅れくらいでしょうか。

實相寺のもみじ:12/14

實相寺のもみじ:12/14

實相寺のもみじ:12/14

11月の気温が高かったせいで、「ようやく紅葉したかー」といった感じです。

合掌

writer:若ボン

 

 

今年最後の信行会

今日は、この冬1番の寒さだそうです。ただ、例年より暖かい様で、ようやく冬らしくなってきました。

さて、本日、今年最後の信行会を行いました。お参りいただきました方には御礼申し上げます。

今年最後の信行会

今年の信行会は、写経あり、京都本山めぐりありと充実した会になりました。来年も引き続きよろしくお願いいたします。

合掌

writer:若ボン

 

 

實相寺の鐘のヒミツ

12月31日、實相寺では、除夜の鐘撞きを行います。(→除夜の鐘撞きのご案内

ところでこの鐘ですが、ひょんな事から鐘ができるときの経緯がわかってきました。

實相寺の鐘

◇實相寺の鐘

鐘をよく見ると、作成年度、作者の銘が彫られております。

作成年度:元禄9年(西暦1695年)4月8日 (おそらく、お釈迦様の誕生日に合わせたものだと思われます)

作成者:京都 三条釜座 貝島浄安、同甚左門、藤原吉信

實相寺住職:日賢上人(實相寺第27世 観成院日賢上人)

作成年度

作成者

◇今回の新発見

先日、「枚方市立旧田中家鋳物民俗資料館」 の方が實相寺に来寺されました。

枚方の「田中家」について 調査をされている方でした。その「田中家」に残っている古文書に實相寺の名前が入った古文書が出てきたそうです。

「枚方文化財だより」vol.88(PDFファイル)

◇発見の内容

内容を簡単に要約してみます。

○登場人物

實相寺 日賢上人(
枚方 田中家(
京都釜座 職人(

○お話し

元禄時代のある日の事。實相寺の住職さんは、釣り鐘を作ろうと思案しておりました。肝心の鐘は、大阪で評判の田中さんに頼むことにしました。

「田中さんさー、今度うちの寺で、鐘楼の鐘作りたい思ってるんやけど、作ってくれへんやろか。」

「いいっすよ~、任してくださいー。」

そして、田中さんが實相寺にやってきて仕事を始めようとしたところ、京都三条釜座の職人さんから實相寺に問い合わせがありました。

「實相寺さん、なんで京都のお寺やのに、枚方の職人に頼んでるんですかぃな??」

「だってー、知り合いなんやもーん。それに、あんたんとこ、値段高いやろ?」

「あきまへーん!!、京都のお寺のことは、京都の職人が面倒みさせてもらいますさかい、向こうさんには断りをいれとくれやす。」

「うーーん、ほな仕方ありませんなぁ。田中さんには悪いことしたけど、あんたのところに頼みますわ。」

これを聞いた枚方の田中さんは、たいそう激怒しました。

「くっそー、こーなったら、京都釜座のヤツ、奉行所に訴えてやる!!」←今回、この訴えの文章が発見されました!

時は元禄9年2月。田中さんは、奉行所に訴えました。

ただ、やはり、京都の職人さんは結束が強いのでしょうか、結局田中さんの訴えは退けられた様です。

そして、元禄9年4月、京都釜座の職人によって作られた鐘は、實相寺の鐘楼につられました。

・・・・・と、多少の脚色はありますが、概ねこの様な内容です。

いつの時代も、いろいろなゴタゴタがあるんですね。

 

最後に、枚方市立旧田中家鋳物民俗資料館の橋本様には、種々調査いただきましたこと、また、いろいろとご協力をいただきましたことをこの場をお借りまして御礼申し上げます。ありがとうございました。

合掌

writer:若ボン

 

今年の秋終は、暖かい?

12月になりましたが、京都は例年より暖かい感じがしております。

今年は、暖かい日が続いているせいか、もみじがなかなか紅葉しません。

實相寺のもみじも、もうしばらくかかりそうです。

ちなみに、去年は12/5に真っ赤っかになっていました。(→去年のブログ

もみじ:12/3

合掌

writer:若ボン

 

 

本山本満寺の紅葉

京都御所の北に、日蓮宗 本山本満寺があります。

「しだれ桜」で有名ですが、もみじも今、見頃を迎えております。

キレイな赤のもみじです。

本山本満寺のもみじ

本山本満寺のもみじ

本山本満寺のもみじ

(*)もみじの後ろにあるのが、しだれ桜です。春には、キレイ桜が咲きます。

本山本満寺のもみじ

妙見宮からの眺め

見ていて、癒やされます。

合掌

writer:若ボン

 

Page 21/38« 最近...510...1920212223...3035...Last »