本日の京都新聞より

【母校 一番 上鳥羽(かみとば)小学校】

~歴史伝える隠れた文化財~

今でも所々に古い町並みが見受けられる鳥羽街道近くに校舎が建つ。敷地内に置いてある「車石」は、かつて街道に敷かれていた石の名残だ。今は児童が地域の歴史へ興味を深める碑となっている。

江戸時代、荷を運ぶ牛車が通りやすいように道路に「車石」として切石を敷いた。大津と京都を結ぶ東海道や竹田街道、鳥羽街道に設けられ、明治時代になると取り外された。中央の石のへこみが特徴的で、すり減った車輪の跡が、行き交う牛車でにぎわった街道の様子をしのばせる。

各街道の車石について調べている車石・車道研究会によると、「鳥羽街道の車石は埋められた石が多いため、東海道や竹田街道と比べると残っている数は少ない」という。外した石を街道沿いの民家で石垣や庭石などに使う例はあるが、同小の3個並んだ車石は鳥羽街道ならではの隠れた文化財といえる。

同小近くにある実相寺(南区上鳥羽)の境内では寄贈された8個の車石を使って「車道」の様子を再現している。地域の車石から街道の歴史を知った6年の木下祐一君(11)は「上鳥羽にもこういう歴史があることが分かってうれしくなった」と話していた。

ただ、その車石があった歴史も時代とともに忘れられ、地域でも意外と知られていない。井上宣之校長(55)は「街道沿いで栄えた鳥羽周辺にはいろいろな歴史がある。子どもたちにも車石をもっと知ってもらい、研究する児童が出てきてほしい」と期待している。

(仲屋聡)

*上鳥羽小学校1872(明治5)年に上鳥羽村の人民共立小学校として開校。京都市への編入などを経て1947(昭和22)年に現在の名称に。2012年に創立140周年記念式典を催した。児童数250人。京都市南区上鳥羽城ケ前町16。

母校一番

母校一番

「京セラ美術館」特別展

本日「京セラ美術館」の特別展へ行ってきました。
古文書、古地図もたくさん出展されていました。
 

近世の伏見展_

近世の伏見展_

近世の伏見展_ページ_02

近世の伏見展_ページ_02

 

知っている地名がたくさんでていて、身近に感じました。

「實相寺」も1ヶ所絵地図にでていました。

 

『近世の伏見展』~伏見城と鳥羽伏見の戦いを中心に~

@@@近世近世の伏見展資料

  1. 伏見城
  2. 桃山
  3. 大塚山」の大名刻印石
  4. 水運の要衝としての伏見ーーー二十石船、三十石船
  5. 伏見の車石と車道ーーー京都の陸運を支えた車道と車石、車石ーーー
  6. 水鳥羽伏見の戦い
  7. 会場図
  8. 展示品目録@@  1~21
  9. 展示品目録@@22~64
  10. 大塚、「行者の杜」山、石伐り場での刻字印確認の現況 平成26年4月10日
  11. 山科区大塚 「行者の杜」、大名刻印磐一覧表(2014/4/23 現在

Written by Gyougen

春のお彼岸、終わりました

本日3月24日、春のお彼岸の結岸となりました。

實相寺では、春彼岸祠堂施餓鬼を執り行いました。

平日にもかかわらず、たくさんの方にお参りいただきまして誠にありがとうございました。

彼岸会法要

彼岸会法要

本堂の様子

本堂の様子

法要の様子

法要の様子

 

◇しだれ桜、開花です

3年前に、京都寺町にあります本満寺様より、しだれ桜を頂戴しました。

今までは1度も花が咲きませんでしたが、今年ようやくサクラの花が咲いてくれました。うれしい限りです。

本満寺様からいただいたサクラ

本満寺様からいただいたサクラ

花が咲きました!

花が咲きました!

これからも大事にしていきたいと思います。

 

合掌

writer:若ボン

 

 

春季彼岸会 御 案 内

   平成26年3月吉日

檀信徒 各位

正覚山 實相寺 @@@@@@@@@

代表役員住職 四方 行元

護持会役員一同

   

合掌 時下、檀信徒の皆さまには益々お元気にて日々ご活躍のことと拝察いたします。平素は、何かとご信仰を基として、当山の運営にお力添えをいただきまして誠にありがたく感謝申し上げます。
さて、今年も春のお彼岸が巡ってきました。
当山におきましては、左記のとおり法要を厳修いたします。
祠堂施餓鬼会法要は、上鳥羽「門中寺院」各上人の御出座を賜り執り行います。
また、法要の当日に「實相寺古文書の一部」を紹介・解説する予定でおります。御吹聴下さい。
檀信徒の皆さま、ご家族・ご親族お誘い合わせの上、御参詣下さいますよう下記のとおりご案内申し上げます。

再 拝 

 @@@@@@@ふ じ
 一、春季彼岸会 諷 誦 3月21日(金) 午後2時

 一、祠堂施餓鬼会法要 3月24日(月) 午後2時

以 上 

春季彼岸会案内

「京都日蓮宗公開講座」御案内

第43回


「京都日蓮宗公開講座」御案内

合掌下記要綱で第43回『京都日蓮宗公開講座』を開催致します。

お誘い合わせの上、御聴聞くださいますよう御案内申し上げます。

日時:平成26年3月8日(土)

@@午後1時受付~午後4時終了
@@@・午後1時半より信行会
@@@・午後2時より法話

会場:本山本法寺 涅槃会館講堂

@@京都市上京区堀川寺之内上る

@@@最寄りのバス停『堀川寺ノ内』徒歩5分

************************************************************

『幸せになるため大切なもの』

大本山 本圀寺貫首 伊藤 瑞叡猊下

************************************************************

ミニ法話 『いのちに合掌』

@@上田 尚史師(山科区護国寺修徒)

************************************************************

 

聴講は申込不要・無料ですが、このハガキを当日ご持参になり、受付にお出しください。

 日蓮宗京都府第一部宗務所 電話075(762)2411

京都日蓮宗公開講座

京都日蓮宗公開講座

 

 

 

 

 

 

 

@@Written by Gyougen

雪が積もりました。

京都の南も雪が降り積もりました。
 現在、午前9時にはみぞれに変わりつつありますが・・・
 お寺の景色をちょっと・・・

 本日「信行会」です。檀信徒の皆さん、お参りください。

實相寺本堂

實相寺本堂

 

 

 

 

 

 

 

實相寺本堂02

實相寺本堂02

 

 

 

 

 

 

 

前栽

前栽

 

 

 

 

 

 

 

Written by Gyougen

 

 

 

 

日蓮大聖人御降誕会 慶讃法要ご案内

日蓮大聖人御降誕会

慶讃法要ご案内

世が乱れ、こころが荒廃しているときこそ、釈尊出世本懐の教え法華経、南無妙法蓮華経の正しい信仰が大切であると死身弘法された日蓮大聖人。
 
その日蓮大聖人が千葉県安房小湊の地でご生誕あそばされたのは、今を去ること792年前、承久4年(1222年)2月16日のことであります。
 
私たち日蓮聖人門下は、大聖人への御降誕を慶讃し、ご報恩に謝すべく降誕会を奉行いたします。さらにご講話もご聴聞いただき、大聖人の御心を自分のものとし、日々の生活の糧としていただきたく存じます。

万障お誘い合わせの上、ご参詣下さいますようご案内申し上げます。

口日時 平成26年2月14日(金)午後2時30分(本年は都合により日を変更させていただきます。)

口会場 法華宗真門流総本山本隆寺
     京都市上京区智恵光院通五辻上る紋屋町330 電話075-441-5762
 

口受付 午後2時
 

口講話 午後2時30分

@@講師  日蓮宗本山本満寺貫首 伊丹日章猊下

@@講題  「仏教徒の使命」

口法要 午後3時

@@@@@大導師 法華宗真門流総本山本隆寺貫主 田仲日紘猊下

 

口終了 午後4時頃の予定

口うどんの接待を用意しております

後援  京都日蓮聖人門下本山会
主催  京都日蓮聖人門下連合会

kiji032

kiji032