『車石・車道通信』第11号

 10月19日〔土〕本日、車石・車道研究会のフィールドワークで、会員の方が20名ほど来寺されました。
「實相寺の縁起」と「朝鮮通信使」および「松永貞徳」について30分ほどお話をしました。

『車石・車道通信』第11号にて当日のことが詳しくレポートされていましたので、ここに掲載します。

車石・車道通信 2013(平成25)年10月23日

車石・車道通信

 第8回フィールドワークin鳥羽街道(Ⅱ)を終えて

 参加者の駒井さんから、翌日に参加記をいただきました。紹介させていただきます。(なお、※部分は、編者注です)

第8回 車石・車道フィールドワークin鳥羽街道(2)に参加して

10月19日(土)に、第8回車石・車道フィールドワークin鳥羽街道(2)が開催されました。今回は、城州鳥羽街道絵図」をもとに鳥羽街道を歩きました。

心配していた昨日からの雨も上がり、フィールドワークとしては、暑くもなく、寒くもなくちょうどよい天候となりました。ちなみに、過去7回のフィールドワークでは、一度も雨はなかったそうです。

スタートは、唐橋の羅城門(芥川龍之介の小説は羅生門です)です。

城南宮宮司烏羽重宏氏が2年前の伏見学講座(※2011/10/22)で紹介された「洛中洛外図扉風」には、東寺の五重塔の前を引き上る牛車が描かれています。車道が人馬道より一段低くなっている所を牛車が通っている、このあたりの様子が描かれています。 残念ながら、この洛中洛外図屏風は、現在の所有者は不明となってしまいました。

鳥羽街道(旧千本通)を南に下がっていくと、実光寺横の木下さん宅にある車石を見ることができます。木下さんは、「工事の際に出てきた車石をもらったので、よそから運びこんだものではなく、実際に鳥羽街道で使われていました。」とお話されました。鳥羽街道に残っている車石の確認作業をされており、他でも見ることができる車石の場所を教えていただきました。

(※山嵜廣 前会長からの問い合わせがあったのを機に、木下泰宏氏は、1996年4月に鳥羽街道沿いの車石を調査撮影し、アルバム〈4部作成〉にまとめられました。そのアルバムの一冊が京都都市歴史資料館に寄贈されています<閲覧可〉。)

次は、上鳥羽小学校の車石です。ここの車石は、長大なものと小振りなものがありました。小学校の先生の協力で、敷地の中まで入らせていただき、間近に見ることができました。

(※上鳥羽小の車石は、学校の前に架けられていた中ノ橋の橋台車石の一部とのこと〈木下さんのお話〉。

小学校からもう少し南に行くと、古くからある上鳥羽の集落の中ほどに実相寺があります。ここでは、地面を掘って据え付けるのではなく、並べた車石の回りに土を置くことで、当時の様子がよくわかるように復元されています。
(※2012.9復元、「車石通信」No.9およびフィールドワーク冊子参照)

来年は、ぜひみなさんも、参加してみません。きっと発見がありますよ。

今回のフィールドワークのコース(見学箇所および冊子の補足)
城州鳥羽街道絵図(宝永7年〈1710〉)をもとに

① 羅城門(九条通り車道)御土居の跡や御土居が途切れる中央信用金庫前、九条通りの車道・車道を引き上る牛車の絵、朱雀川(鍋取川)にかかっていた石橋の欄干(?)など

② 羅城門→五丁橋
羅城門前から五丁橋までの鳥羽街道は、東側に堀川、酉側に鍋取川が流れていました。昭和初期までの堀川筋は、九条通りで西に曲がり、鳥羽街道に沿って南下していましたが、その後の改修工事で、九条通からまっすぐ南下して鴨川に流れ込むようになりました。その堀川の廃川路を鳥羽街道の西側を流れていた鍋取川が引き継ぎました。九条通以北の鍋取川はすでに昭和36年に暗渠になりましたが、九条通以内は、平成元年に暗渠化され遊歩道となりました(平野圭祐『京都水ものがたり』参照)。

羅城門から五丁橋までの途中に、十条通があります。これは、明治37年に、それまでの吉祥院天満宮への参道を拡幅し、東九条村とつないだもので、鳥羽道、鳥羽通りなどと呼ばれました。京阪電車の鳥羽街道駅は、この鳥羽へ通じる場所ということで駅名がつけられたようです(京都地名研究会編拝『京都の地名検証』参照)

③ 実光寺,民家車石

④ 上鳥羽小学校車石

⑤ 実相寺,実相寺復元車道
境内の復元車道と俳諧師松永貞徳・その子昌三のお墓を見学の後、本堂でご住職の四方行元氏から、お話をうかがいました。

車道の復元と朝鮮通信使と車留については、フィールドワーク冊子と重複するので省略し、実相寺の縁起と通信使の立ち寄り回数などについて話されました。

江戸時代、朝鮮国王は江戸幕府の主である大御所および将軍に修好や慶賀の名目で使節(朝鮮通信使)を12回にわたって派遣しました。そのうちの5回は、朝鮮側の資料(「海游録」、「扶桑録」など)で、実相寺に立ち寄っていることがはっきりしています。

平成23年、大和郡山市の「柳沢文庫」で開催された「秋季特別展-柳沢信鴻(のぶとき)とその時代」をきっかけに、第10次の朝鮮通信使(延享5年〈1748〉)も実相弄に立ち寄っていることが確実になってきました。延享5年大和郡山の藩主信鴻は、幕命によって通信使の接待にあたりました。その柳沢信鴻の公式記録『幽蘭台年記』に、
「一、鳥羽実相寺見分の事、牧野備後守貞通へ聞合せし上にて今朝往き見分し済む」
「一、鳥羽実相寺御役方へ引渡、滞りなく済む」
といった文言が見られることから、実相寺への立ち寄りが確認されました。実相寺が、休憩と衣装を調える場所として利用されたのは、京都での宿泊が日蓮宗の大本山本国寺(ほんこくじ)であったことと関係があり、境内の広い本寺が利用されたことと思われます。おそらく境内にバラックが建てられ、そこでも衣冠が調えられたのでしょう。

なお朝鮮通信使の一人は、柳澤信鴻について「偽人、清秀・挙正・敬謹」(ひととなり、せいしゅうにしてきょせい・けいきん)と評し、信鴻の清楚で礼儀正しく謙虚な様子を記録しています(軍官洪景海「随槎日録」)。

通信使立ち寄りの場所には、詩画軸などの墨跡が残されているものですが、この実相寺には全く残されていません。

実相孝は江戸時代においては、貞門俳譜の祖師松永貞徳ゆかりの寺として有名でした。それは貞徳の兄が、不受不施派の総帥日奥の後を追って対馬に渡り、その地で没した教行院日陽が当寺の住持であった関係から、貞徳没後はその墓が本寺におかれたことによります。

※不受布施とは、日蓮における思想の一つで、不受とは法華信者以外の布施を受けないこと、不施とは法華信者以外の供養を施さないこと。慶長元年(1596)豊臣秀吉が大仏供養を全宗派に通達したが、これに対して法華宗は不受不施と受布施に分裂する。実相寺は妙覚寺日奥の不受布施派に連座し幕府の弾圧を受け、約50年間回復するところとならず、現在も18代以前の歴代名等は一切不明である。のち妙覚寺が身延山支配の受布施派に転向したことによって回復の糸口をみつけた。

(以上、当日のお話の一部を、実相寺のHP・正覚山実相寺縁起を参考にまとめました。)

⑥ 誓祐寺車石(時間の都合で、割愛)

⑦ 沿道民家の車石石津氏宅の車石2個。いずれも区画整理で出土したもので、六甲花嵐岩製(芦屋石)と安山岩製のもの。

安山岩製はめずらしく(これまでの車石確認数約2500個の中には1個もありません)、おそらく沿道にあった石を利用したものと思われます。

⑧ 浄禅寺(六地蔵の一つ鳥羽地蔵)ここの地蔵堂(鳥羽地蔵)は、もとは、街道の少し北の東側に位置していました(「鳥羽海道絵図)が、後世、浄禅寺に移されました。

 

車石会報11号-01

車石会報11号-01

車石会報11号-02

車石会報11号-02

 

 

車石会報11号-03

車石会報11号-03

車石会報11号-04

車石会報11号-04

 

車石会報11号-05

車石会報11号-05

 

 

 

 

 

 

 

* HPに載せるために、編集いたしました。

* 貞徳の息子の名前は、「省三」ではなく「昌三」(しょうさん)です。

Written by Gyougen

 

 

第8回車石・車道研究会フィールドワーク(ご案内)

10月19日〔土〕 車石研究会主催のフィールドワークが行われます。

@實相寺に来寺されたときに、お渡しする資料が出来ましたので、掲載いたします。

@その他、ご希望等がございましたら、ご連絡ください。

 

1.『るふ205秋彼岸号

2.資料『朝鮮通信使』および『松永 貞徳』とその息子『松永 昌三』

3.『貞門俳諧の魅力』 ・・・・・ 坪内 稔典

車石フィールドワーク實相寺資料_1

車石フィールドワーク實相寺資料_1

 

 

 

 

 

 

 

 

車石フィールドワーク實相寺資料_2

車石フィールドワーク實相寺資料_2

 

 

 

 

 

 

 

 

車石フィールドワーク實相寺資料_3

車石フィールドワーク實相寺資料_3

 

 

 

 

 

 

 

 

車石フィールドワーク實相寺資料_4

車石フィールドワーク實相寺資料_4

 

 

 

 

 

 

 

 

車石フィールドワーク實相寺資料_5

車石フィールドワーク實相寺資料_5

 

 

 

 

 

 

 

 

    Written by Gyougen

第41回 「京都日蓮宗公開講座」御案内

第41回
「京都日蓮宗公開講座」御案内

合掌 下記要綱で第41回『京都日蓮宗公開講座」を開催致します。お誘い合わせの土、御聴聞くださいますよう御案内申し上げます。

日時:平成25年11月2日(土)

午後1時受付~午後4時終了
・午後1時半より信行会
・午後2時より法話

会場:本山本法寺 涅槃会館講堂

京都市上京区堀川寺之内上る

最寄りのバス停『堀川寺ノ内』徒歩5分

------------------------------

 『日蓮宗新聞が伝えたいこと』

外塚 顕雄師(日蓮宗新聞社 専務)

------------------------------

 ミニ法話『お師匠様にお仕えして』

 篠田 妙華師(右京区 嵯峨村雲別院住職)  

------------------------------

聴講は申込不要・無料ですが、このハガキを
当日 ご持参になり、受付にお出しくだざい。

------------------------------

日蓮宗京都府第一部宗務所 電話075(762)2411

公開講座

公開講座

 

台風18号の被害状況→ありませんでした

9月16日、台風18号が京都にも多大な被害をもたらしました。お寺近辺の地域(上鳥羽)にも避難指示が出まして、対応に追われておりました。ただ、幸い實相寺の被害はガラスが割れたのと雨漏りが少しあった程度で軽微でございました。また、境内、お墓は被害がありませんでした。檀信徒各位におかれましてはご安心いただければと思います。

今回の台風で怖かったのは、實相寺裏の川があふれる寸前だったことです。最高水面時は、本堂須弥壇よりも上に水面がありました。いつ決壊するかと心配をしておりましたが、なんとか持ちこたえました。

實相寺裏の川の様子

實相寺裏の川の様子

 

檀信徒の方々からたくさんの連絡を頂戴いたしました。この場を借りまして御礼申し上げます。ありがとうございました。

 

合掌

writer:若ボン

横川定光院秋季法要御案内

横川定光院秋季法要御案内

合掌 時下益々御隆昌の段お慶び申し上げます。 平素は、比叡山横川定光院の護持顕彰に格別のご支援ご協力を賜りまして厚く御礼申し上げます。

さて、横川定光院に於きまして下記の如く秋季法要を執り行いますので、お誘い合わせの上御参詣いただきますようご案内申し上げます。

再 拝

横川定光院護持顕彰会会長 宮武 一龍

 

平成25年10月17日(木) 時雨不論

午前9時より 受 付 京都駅八条口

@@@@@@@@@@@ 団体バス乗り場    

9時30分@@@  出  発

11時@@@@     法  話  京都一部布教教師会

11時30分@@@法  要  導師 藤井照源主監

午後1時@@@@昼 食

 午後2時@@@延暦寺大講堂参拝

午後4時頃@@解 散 京都駅八条口

灯明料    4,000円 当日に納め下さい

申込は、10月10日迄に下記事務所のFAXへお知らせ下さいますようお願い申しあげます。

横川定光院護持顕彰会事務局

〒606-8376@@京都市左京区二条通り川端東入

@@@@@@@@@@頂妙寺布教会館気付京都一部宗務所内

電話(075)762-2441@@@ FAX(075)752-9338

事務所不在が多くできるだけFAXでお願いします

上記連絡不可の場合は、護持顕彰会事務局員 橋本一妙(090-9046-5488)へご連絡下さい。

實相寺の檀信徒の皆さんは、實相寺(075)691-9648へご連絡ください。

横川定光院秋季法要御案内

横川定光院秋季法要御案内

貞徳先生の旧跡を歩く

同人誌『ヒッポ千番地』より紀行文(=貞徳先生の旧跡を歩く)を載せる。

貞徳先生の旧跡を歩く

 飯塚 ゑ子

@@ ありたつたひとりたつたる今年哉   貞徳

@@くるくるとまはりて見るや藤かづら  貞徳

@@和歌に師匠なき鶯と蛙哉       貞徳

松尾芭蕉より70年ほど先立つ1571年大阪高槻に生まれ、京都を中心に活躍した俳諧の祖、松永貞徳の遺跡を4ヶ所歩いてみた。

◆私塾の跡・・三条衣棚

1615年、貞徳44歳の頃に自宅で私塾を開き、その後約20年間にわたって庶民の子弟の教育に当たった。その地、三条衣棚町を訪ねてみた。地下鉄烏丸御池駅を降り、烏丸通を少し西に入ったところ。今も昔も京都の中心地といえるだろう。古い町家は少なく、貞徳私塾の跡を示すものは見あたらなかった。あたりは民家や商店、事務所、小料理屋などが建っているごく普通の京都の町筋である。出会った路地の住人も「貞徳? そんな人知らないです」との返事があるのみで、この地での貞徳は今やすっかり忘れ去られた人のようである。

◆隠居の跡・・五条花咲の宿

60歳を過ぎて貞徳は、命の期限に達し生まれ変わったとし、寿齢1歳として数え始め姿も童の形に改め、号も長頭丸などと変え、五条稲荷町の花咲の宿、今の下京区間之町通松原上ルに移り住んだ。私塾をやめ、楽隠居の生活で、「五条の翁」や「花咲の翁」と呼ばれ、和歌や俳諧を作り門人の指導に当たったいう。この花咲亭の跡には、いま花咲稲荷があり、その前には「松永貞徳花咲亭跡」と書かれた碑が建っている。今の京都の中心地四条烏丸にほど近く、近隣にはホテル日航プリンセス京都や仏光寺がある。

◆悠々自適の跡・・柿園

1647年、貞徳は77歳のころ、三十三間堂の東南、今の東山区今熊野本池田町、JR京都駅の東、京阪東福寺駅の北に移り住んだ。柿の木にちなんで柿園と呼ばれたが、茶室「芦の丸屋」を建て、柿本人麻呂や藤原定家の忌日には大がかりな歌会を開いたり、またある年には盛大な俳諧興行を行ったり、亡くなるまでの七年間を風流な生活をして過ごしたと伝えられている。芦の丸屋は貞徳死後、上烏羽の実相寺に移築され、柿園の跡は今は住宅やマンション、学校などが建ち並ぶ一帯になっている。京都市立一橋小学校校庭の片隅に、「松永貞徳柿園の跡」と彫られた小さな石の碑と供養塔2基が鉄柵の中で守られていた。「このあたりは柿園の図子(路地の意)と呼ばれ、貞徳が柿の木を植えて楽しんだ地。大正初年に校地が拡張して図子が消滅した」という意味の昭和42年8月付の説明が石に彫られてあった(写真)。碑の横には柿園の子孫と思われる2本の柿の木が植えられてある。実った柿は生徒たちに配られるという。この碑の場所を教えてくれたPTA役員の方のお話では、毎年貞徳の命日に供養塔の前で、近くの泉涌寺の僧侶にお経をあげてもらっているとのことだ。付近はJRの東山トンネルが近く、ほかに往時を偲ぶものはないが、南側の高台にある悲田院からこの辺りを眺めると、東山の山裾に位置していて、鉄道が敷かれるまでは木々が多く柿の木も多かったのだろうと想像できた。

◆終焉の地・・上鳥羽実相寺

貞徳の墓が京都市南区鍋ヶ淵町の実相寺にあるというので、まだ寒い頃訪ねた。

昨年末にオープンしたばかりの新しい駅舎の近鉄上鳥羽口駅を降りる。この駅から真っ直ぐ西へ向かうと、広い駐車場のある観光バス会社や銀行の事務センターなどが立ち並ぶ業務地帯である。所々キャベツ畑や葱畑も残る中を飾りけのない道路が延びている。しばらく行くと昔ながらの町並みとなり、上鳥羽小学校が見える。

鳥羽という地は平安京の南に位置し、鴨川に接した風光明媚な土地であったらしく、白河・鳥羽両上皇によって造営された東西一キロ半、南北一キロの規模の鳥羽離宮があったという。当時そこには数個の中島が浮かぶ池があり、華麗な堂塔が建ち並んでいた。

@@@鳥羽殿へ五六騎いそぐ野分哉   蕪村

さらに進むと西高瀬川の穏やかな流れに視界が開け、京都の町中を遠望することができる。上流には羅城門跡があり、歴史を背負っている土地柄が感じられる。土手を南へ下ると実相寺があった。

寺の境内奥に墓地があり、花岡岩のひときわ丈高い貞徳の墓、「逍遊軒貞徳居士」と刻まれてある。貞徳の葬られた実相寺は、創建が南北朝にさかのぼる古い寺で、秀吉家康の頃寺勢が衰えていたが、江戸時代寛永年間に松永貞徳の兄が住持となり、以後貞徳ゆかりの寺として知られるようになった。貞徳の墓の周囲には、息子松永昌三ら貞徳ゆかりの人々の小ぶりの墓が寄り添うように建っている。またそばには貞徳より150年後の京の文人学者三宅嘯山の句碑があった。

@@@名月や水のしたたる瓦葺    嘯山

@実相寺境内には貞徳死後柿園から移築されたと伝えられた茶室「芦の丸屋」が10年程前まで建っていたという。今は建物跡の土台や踏み石が残るのみである。たまたま出会った出入りの石屋さんから残すか取り壊すか当時議論されたと聞いたが、研究によると柿園から移築されたものは早くに倒れ、最近まであったのは別の建物だつたそうだ。

@お寺の方から、ここには貞徳ゆかりの資料が保存されており、以前日本文学研究で有名なドナルド・キーン氏も来られたことがあり、スケッチなどして帰られたという話も聞けた。後日、同人の皆さんと再訪した折、現住職から肖像画など貴重な品々を見せていただき、貞徳先生がとても身近に感じられた。

今は京都の観光地から少しはずれているので取り残されたようになっているが、鳥羽は白河上皇の時代から幕末鳥羽伏見の戦いまで、政治でも文芸でも多くの人が、また研究者や俳跡の探訪者たちが、どれほど行き来してきた土地であろうかと思わずにはいられない。歴史が重なっていることに気づかず、何気なく通り過ぎてしまうような土地となっていることが、惜しいような気がする。
@@@山城の実相庵の風さびて    信徳

貞徳先生の旧跡を歩く01

貞徳先生の旧跡を歩く01

 

貞徳先生の旧跡を歩く02

貞徳先生の旧跡を歩く02

 

HPに載せるに当たって、編集いたしました。

Written by Gyougen

 

貞門俳諧の魅力

本日は、雨降りのため図書館執務室の整理掃除を行った。古い写真が見つかると「この写真は?」と考え込み、オッこんな本があったのかとページをぺらぺらめくりしていると、作業は遅々として進まない。

    その中で「同人誌『ヒッポ千番地』 No.3 2000 June」を手に取ってみると、特集として『貞門俳諧の発見』が組まれており、坪内稔典先生が評論「貞門俳諧の魅力」と題して書かれている小文を見つけた。

 

貞門俳諧の魅力

                                                                       坪内 稔典

   あるとき、松永貞徳が集まりを早退しようとした。すると、その家の主人が、見事な柿を持ち出し、「これに発句せずば帰さじ」と言った。貞徳、即座に

   かきくけこくはではいかでたちつてと

と応じた。「柿を食べないでどうしてここを発とうか、食べてから帰るよ」ということを、五十音を用いて表現した機知の句だ。

貞徳は貞門俳諧の首領(ドン)だが、この人の実力は、このような見事な機知の発揮によく示されている。

発達史観とも言うべきものがあり、俳諧史は貞門、談林、蕉風というように発達的に展開したということをよく見聞きする。だが、それは疑ってよい。貞門には貞門の、談林には談林の、そして蕉風には蕉風の長所と短所がある。つまり、それぞれに固有の長所と短所があるのだ。

貞門俳諧の長所の一つは、さきのような機知である。別の言い方をしたら、謎解きの言葉遊びを五七五音の韻文で行ったこと。

@@@いつかいつかいつかと待ちしけふの月

右は貞徳の弟子の北村季吟に師事した田捨女の句。芭蕉も季吟門だから、捨女と芭蕉は同門ということになるが、互いに知り合う機会はなかった。それはともかく、捨女などは貞門俳諧の機知を典型的に発揮した。そのために有名になったのである。

貞徳俳諧の魅力01

貞徳俳諧の魅力01

捨女歌碑

捨女歌碑

 

さて、さきの句は「けふの月」がどんな月かを謎解きとして表現したもの。どんな謎かは言わないでおくが、この句の謎がもしわからないとしたら、その人には俳句的センスがないかもしれない。

捨女の句では六歳で作ったという

@@@雪の朝二の字二の字の下駄のあと

がことに知られるが、これも雪の路面についた下駄の跡を数字に見立てた機知。とても単純だが、その単純さが愛されてきたのだ。

最近、気づいたのだが、芭蕉の句だつて、たいていが以上のような機知、ことに謎解きを秘めている。とびきり有名な

@@@古池や蛙飛び込む水の音に

しても、これは、「古池とかけて何ととく?」、その心は「蛙飛び込む水の音」、という構図。俳句の基本的な作り方である取り合わせとは、まさにこの謎掛けの形式だ。

正岡子規の

@@@柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺

@@@糸瓜咲いて痰のつまりし仏かな

なんていう句も、根っこのと二ろに謎掛けがある。「柿くへば鐘が鳴るなり、の心は?」「その心は、法隆寺」ということだし、「糸瓜咲いて」の心は「疾のつまりし仏かな」ということ。

謎掛けというのは、一種の遊びであり、また、相手への問いかけでもある。遊びつつ、自分を開いて他者に通じるという点が、この謎を掛けて解くという表現の特色だと言ってよいだろう。

俳句という表現において、句会という場が成立している根拠も、この謎掛けと謎解きにあるのではないか。つまり、句会の参加者は謎掛けという形で作者になり、そして謎解きというかたちで読者になるのである。 というわけで、貞門俳諧はわたしたちの俳句の豊かな源泉。その泉は今なおとくとくとあふれている。

貞徳俳諧の魅力02

貞徳俳諧の魅力02

 

 

 

 

 

 

 

Written by Gyougen