貞門俳諧の魅力

本日は、雨降りのため図書館執務室の整理掃除を行った。古い写真が見つかると「この写真は?」と考え込み、オッこんな本があったのかとページをぺらぺらめくりしていると、作業は遅々として進まない。

    その中で「同人誌『ヒッポ千番地』 No.3 2000 June」を手に取ってみると、特集として『貞門俳諧の発見』が組まれており、坪内稔典先生が評論「貞門俳諧の魅力」と題して書かれている小文を見つけた。

 

貞門俳諧の魅力

                                                                       坪内 稔典

   あるとき、松永貞徳が集まりを早退しようとした。すると、その家の主人が、見事な柿を持ち出し、「これに発句せずば帰さじ」と言った。貞徳、即座に

   かきくけこくはではいかでたちつてと

と応じた。「柿を食べないでどうしてここを発とうか、食べてから帰るよ」ということを、五十音を用いて表現した機知の句だ。

貞徳は貞門俳諧の首領(ドン)だが、この人の実力は、このような見事な機知の発揮によく示されている。

発達史観とも言うべきものがあり、俳諧史は貞門、談林、蕉風というように発達的に展開したということをよく見聞きする。だが、それは疑ってよい。貞門には貞門の、談林には談林の、そして蕉風には蕉風の長所と短所がある。つまり、それぞれに固有の長所と短所があるのだ。

貞門俳諧の長所の一つは、さきのような機知である。別の言い方をしたら、謎解きの言葉遊びを五七五音の韻文で行ったこと。

@@@いつかいつかいつかと待ちしけふの月

右は貞徳の弟子の北村季吟に師事した田捨女の句。芭蕉も季吟門だから、捨女と芭蕉は同門ということになるが、互いに知り合う機会はなかった。それはともかく、捨女などは貞門俳諧の機知を典型的に発揮した。そのために有名になったのである。

貞徳俳諧の魅力01

貞徳俳諧の魅力01

捨女歌碑

捨女歌碑

 

さて、さきの句は「けふの月」がどんな月かを謎解きとして表現したもの。どんな謎かは言わないでおくが、この句の謎がもしわからないとしたら、その人には俳句的センスがないかもしれない。

捨女の句では六歳で作ったという

@@@雪の朝二の字二の字の下駄のあと

がことに知られるが、これも雪の路面についた下駄の跡を数字に見立てた機知。とても単純だが、その単純さが愛されてきたのだ。

最近、気づいたのだが、芭蕉の句だつて、たいていが以上のような機知、ことに謎解きを秘めている。とびきり有名な

@@@古池や蛙飛び込む水の音に

しても、これは、「古池とかけて何ととく?」、その心は「蛙飛び込む水の音」、という構図。俳句の基本的な作り方である取り合わせとは、まさにこの謎掛けの形式だ。

正岡子規の

@@@柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺

@@@糸瓜咲いて痰のつまりし仏かな

なんていう句も、根っこのと二ろに謎掛けがある。「柿くへば鐘が鳴るなり、の心は?」「その心は、法隆寺」ということだし、「糸瓜咲いて」の心は「疾のつまりし仏かな」ということ。

謎掛けというのは、一種の遊びであり、また、相手への問いかけでもある。遊びつつ、自分を開いて他者に通じるという点が、この謎を掛けて解くという表現の特色だと言ってよいだろう。

俳句という表現において、句会という場が成立している根拠も、この謎掛けと謎解きにあるのではないか。つまり、句会の参加者は謎掛けという形で作者になり、そして謎解きというかたちで読者になるのである。 というわけで、貞門俳諧はわたしたちの俳句の豊かな源泉。その泉は今なおとくとくとあふれている。

貞徳俳諧の魅力02

貞徳俳諧の魅力02

 

 

 

 

 

 

 

Written by Gyougen

京都・鳥羽街道の車石探訪シリーズ(2)

第8回車石・車道研究会フィールドワーク(ご案内)
一京都・鳥羽街道の車石探訪シリーズ(2)一

一羅城門・鳥羽街道の車石・実相寺復元車道一

日 時:平成25(2013)年10月19日(土)
     午後1時20分~5時(小雨決行)

集 合:羅城門跡公園(近鉄東寺駅西徒歩10分)(受付 午後1時~)

解 散;午後5時頃 浄禅寺(鳥羽地蔵)

コース:『城州鳥羽海道絵図』をもとに

①羅城門~東寺(九条通り車道)
②羅城門→五丁橋
③実光寺・K宅車石
④上鳥羽小学校車石
⑤実相寺・実相寺復元車道
⑦沿道民家の車石
⑧浄禅寺(六地蔵の一つ烏羽地蔵)

主 催:車石・車道研究会(フィールドワーク実行委員会)

参加費:500円(資料冊子代、会員以外)、児童:無料(資料不用の場合)
    交通費は各自でご用意ください。

案 内:車石・車道研究会会員

主 催:車石・車道研究会(フィールドワーク実行委員会)
                 http://kurumaishi.jp/

    会  長 佐藤 賢昭  Tel(077) 522-1041
                                        Fax(077) 522-1042
    事務局 久保  孝  申込・連絡先・・・・・Tel・Fax(075) 611-7678

*****************************************************************************************************************************

第8回車石・車道研究会フィールドワーク(ご案内)

第8回車石・車道研究会フィールドワーク(ご案内)

るふ205秋彼岸号完成しました!

るふ205秋彼岸号に上鳥羽實相寺を載せていただきました。表紙には實相寺の薬医門と本堂全景、裏面には「縁起」・「ここが見どころ!」が載っています。
檀信徒の皆様には、秋季彼岸会法要のご案内ととも『るふ205秋彼岸号』を送らせていただきます。

るふ表紙

るふ表紙

 

 

 

 

 

 

 

表紙の寺院

實相寺(京都市南区上鳥羽鍋ヶ淵町10-1)

【實相寺(じっそうじ)】の縁起

 近鉄京都線上鳥羽口(かみとばぐち)駅より西へ徒歩15分の辺りに實相寺があります。山号は「正覚山(しょうかくざん)」、日像(にちぞう)上人の弟子、大覚大僧正妙実(だいかくだいそうじょうみょうじつ)上人によって南北朝期に開創されました。寺伝によれば、南朝正平七年(1352)の夏、大干ばつの被害に見舞われたとき、妙実上人は勅命をうけて山城国桂川のほとりの鍋ケ淵に於いて、数百人の僧を率いて請雨のご祈祷を行いました。効験が現れたことにより、天皇より日蓮聖人は「大菩薩号」、日朗(にちろう)上人・日像上人は「菩薩号」、妙実上人は「大僧正」の位を賜りました。当山はそのご祈祷された場所に創建されたと伝えられ、『開基妙実上人の勅願祈雨の旧蹟』ともいわれております。
 
 慶長元年(1596)に行われた豊臣秀吉の千僧供養への出仕の是非をめぐって、日蓮教団は二派に分裂する事態となりました。結果、当山はその影響を受け、約50年もの永きにわたり、衰退することとなりました。その後、次第に復興し、江戸時代には中本山格となり、塔頭4か寺を構えるまでになりました。

 明治8年、大水害を受け、それまでに残っていた全ての塔頭が消失し、難を逃れた当山のみとなり現在に至ります。

 また江戸時代の俳人、松永貞徳ゆかりの寺としても有名で、その墓が当山に安置されています

るふ裏面

るふ裏面

 

 

 

 

 

 

 

*ココが見どころ

「點頭宗祖日蓮大菩薩(てんとうしゅうそにちれんだいぼさつ)」
 本堂ご宝前の右側には、通称「うなずきのお祖師(そし)さま」で有名な「點頭宗祖日蓮大菩薩」がお祀りされています。
 上記の縁起にあるように、請雨のご祈祷を行った妙実上人は、ご祈祷に先だって日蓮聖人の座像を作り、そのお像にお伺(うかが)いを立てられたところ、三度うなずかれた(點頭)といわれています。
 この「うなずきのお祖師さま」は1年に1回、11月10日のお会式でのみご開帳(13時~17時まで)され、そのあらたかな霊験に触れるため、檀信徒や参拝者が多数訪れます。

日蓮聖人御一代記圖繪

檀家さんから、仏壇の引き出しの中にありましたと、一冊の本を見せていただきました。それが、宇喜多小十郎 編輯 『頭書 日蓮聖人御一代記圖 中』という本です。

日蓮聖人御一代記図絵

日蓮聖人御一代記図絵

中なので奥書もないのです。いつの時代の本なのかを調べるためにWeb検索をかけました。

すると、国立国会図書館のデジタル化資料として公開されていました。「日蓮聖人御一代記図絵 : 頭書; 著者: 宇喜多小十郎 編; 出版者: 村上勘兵衛; 出版年月日: 明13.7; 公開範囲: インターネット公開(保護期間満了)」とあり、明治13年7月発行ということがわかりました。

国立国会図書館のデジタル化資料より、奥書を保存して手に入れました。

奥書

奥書

また、實相寺が記載されているところも手に入れました。

實相寺01

實相寺01

實相寺02

實相寺02

 

  •  [翻刻]

妙覚寺末  同
實相寺        妙蓮寺より三丁

一、祈雨の本尊うなづきの
祖師ハ開山大覚大僧正
の作○開山の真筆三
菩薩の石塔あり○松永貞
徳翁芦の丸屋の旧跡本
堂の巽にあり墓ハあしの
丸屋のうしろにあり翁の
像も實相寺にあり

 

 また、實相寺の古文書、和綴じ本を整理していると、次のような『発兌(はつだ)書目』(=「図書発行目録」)が出てきました。それをめくってみると次のような記載あり。

発兌書目

発兌書目

発兌書目内容

発兌書目内容

 

  •  日蓮聖人御一代記圖繪   宇喜多小十郎編輯     壱冊緘  仝  四十銭
  •                            三冊緘  仝  五十銭

一冊本と三冊本の二種類が発行されていることがわかりました。

 

宗祖大士御誕生より御入滅迠御一代の実傳にして要を掲げ、冗(むだ)を省き
該(その)御事跡いささか泄(もら)すことなく、挿画に至りてハ◯◯の密をもってこれを
資補す、◯ニ其状態現に眼前に見るが如く、只◯◯◯◯◯◯にハ宗門
◯要の数件且各本山の統記諸師の日表ニ至迠詳悉記載なしたれバ僧修
婦幼共ニ購求して塾説し玉んにハ広宣流布宜しからざる明治十三年の新板也

◯=解読できない文字

解読できた文字がありましたご連絡ください。

Written by Gyougen

 

睡蓮が咲いております

残暑が厳しいところですが、いかがお過ごしでしょうか。

実相寺では、お盆の諸行事も終わり、お彼岸の準備を始めております。

 

さて、境内に睡蓮が咲いております。

睡蓮

睡蓮

ちなみに、「睡蓮」ですが、決して「水蓮」ではありません。

この「睡蓮」にもちゃんと名前の由来があって、睡蓮の花は開いて閉じてを3回繰り返します。これを人間のサイクルに例えて 日中(開く=目覚める)夜(閉じる=眠る)というところから、「睡眠する蓮」→「睡蓮」なんですって。なるほど納得です

 

合掌

writer:若ボン

お盆:本堂回向の様子

8月になり夏真っ盛り!!

ただし、暑さも真っ盛り、蝉の声も真っ盛り、蚊も真っ盛りでございます。

實相寺もお盆の行事が始まりました。8月3日、4日、5日の3日間、本堂回向(従来の墓前回向)を執り行いました。

早朝7時より、11時まで1時間毎、各日5回の回向をさせていただきました。

本堂回向の様子1

本堂回向の様子1

本堂回向の様子2

本堂回向の様子2

本堂回向の様子3

本堂回向の様子3

意外と言ってはなんですが、早朝7時、8時の回のお参りが意外と多いです。

檀家さん曰く「暑くなる前にお墓参りするの」とおっしゃっておられました。それも一理あり。朝7時だと30℃超えませんし。

 

ということで、本堂回向も一段落しました。16日には、14時から本堂にてお盆の施餓鬼会が執り行われます。

是非、お参りにお越し下さい。

 

合掌

writer:若ボン

新着情報

新 着 情 報

【 第49回 夏 季 大 学 】

~今、生きるよろこび 生かされる よろこび~

と き@@平成25年8月31日(土)

ところ@@本能寺文化会館

受講料2,000円

【 ご案内パンフレット 】

49回夏季大学

49回夏季大学

 

【 第40回 京都日蓮宗公開講座 】

日時 : 平成25年9月7日(土)

会場 : 本山本法寺 涅槃会館講堂

【 御 案 内 状 】

第40回京都日蓮宗公開講座

第40回京都日蓮宗公開講座

 

Writton by Gyougen