東大寺の修二会(お水取り)

東大寺の二月堂での修二会(しゅにえ)、別称「お水取り「お松明」とも言われております。これは、お祭りなんかではなく、仏教法要です。

◇—東大寺 修二会—◇ 東大寺二月堂での修二会(しゅにえ)は、天平勝宝4年(752)、東大寺開山良弁僧正(ろうべんそうじょう)の高弟、実忠和尚(じっちゅうかしょう)が創始されました。以来、平成23年(2011)は1260回目になるそうです。この間、一度も途切れずにおこなわれてきました。

この法会は、現在では3月1日より2週間にわたって行われていますが、もとは旧暦の2月1日から行われていましたので、二月に修する法会という意味をこめて「修二会」と呼ばれるようになりました。また二月堂の名もこのことに由来しています。

修二会は、正しくは「十一面悔過(じゅういちめんけか)」といい、十一面観世音菩薩を本尊とし、「天下泰平」「五穀豊穣」「万民快楽」を願って祈りを捧げ、人々に代わって懺悔(さんげ)の行を勤めるものです。 ◇——————————-◇

同じ僧侶として、以前から一度どんな事がなされているか見てみたいと思っており、今回東大寺まで足を運んできました。

東大寺 二月堂

二月堂 お松明(1)

二月堂 お松明(2)

お松明の後、二月堂の本堂にて法要がおこなわれました。実際の法要は見学できなかったのですが、本堂前に立つと、中での法要をされている音が漏れ聞こえており、しばらくこれを聞き入っていました。やはり歴史を感じましたし、厳かな雰囲気で、堂内の各御上人の熱意も音と一緒に漏れてきている様に感じました。

なお、修二会の期間中、「法華懺法」(法華経を読誦して罪障を懺悔(さんげ)し、後生善所を願う法要)が毎日行われるそうです。

東大寺 夜の南大門(超高感度撮影)

ちなみに、見学に当たっては以下をご注意ください。 ・めちゃくちゃ人が多いです。ただ、お松明が終われば、比較的に空いておりました。3月12日のお水取りは、さらに人が多いそうです。 ・あと、、、防寒対策は十分に。二月堂は山の上にあり、めちゃくちゃさぶいです。

合掌

[…]

鏡開きとあられの作り方レシピ-完成

お正月の「鏡餅をあられにするプロジェクト」、いよいよ完成です。写真を交えてレポートします。

▼これまでの作業

1.鏡餅を切る → 1月4日のブログ 2.切った餅を干す → 1月8日のブログ

▼準備する物

 ・切って十分に干した餅  ・醤油(だし入り醤油、薄口醤油)  ・酒  ・みりん  ・フライパン  ・ボール

▼レシピ 1.十分に干したお餅を用意します

十分に干したお餅

2.合わせ醤油を作ります。   實相寺ブレンド   「だし入り醤油2:薄口醤油1+酒少々+みりん少々」   (*)好みでいいと思います。上のブレンドは、味薄めです。

合わせ醤油

3.フライパンでお餅を焼いていきます  【コツ】   ・火は、最弱火力で   ・お餅の水分を抜くイメージで焼いてください   ・焼くときに焦らない事   ・焼いている最中に、「霧吹き」で水をかけてやると、よりふくれます。     ・時間は15~20分   ・焦げ目がついてきたら”頃合い”です   ・焼きすぎると、逆にお餅がカチカチに固くなります

お餅を焼く(1)

お餅を焼く(2):少しふくれてきました

お餅を焼く(3):焦げ目もいい感じです

お餅を焼く(4):できあがり!

 5.「合わせ醤油」で和えます   【コツ】   ・「合わせ醤油」をかけ過ぎると、しょっぱくなります   ・醤油をかけた後、あられを乾かすイメージでボールを振ります

「合わせ醤油」と和えます

6.電子レンジでチン  【コツ】  ・最後に水分を飛ばす意味と、醤油の水分を飛ばす意味でチンします  ・「解凍モード」(電子レンジの「弱」)で、30秒ほど […]

鏡開きとあられの作り方レシピ-1

實相寺では、檀信徒の皆様から毎年、「鏡餅」のお供えをいただきます。今年もたくさんのお供えをいただきまして、誠にありがとうございました。

この鏡餅、實相寺では毎年1月4日に「鏡開き」をいたします。鏡開きをしたお餅をどうするかと言いますと、切ったお餅を焼いてあられにしております。今日は、写真を交えながら、あられの作り方をレポートします。

▼あられレシピ

【必要なもの】 ・鏡餅(實相寺では、鏡餅が30個程度のお供えがあります) ・包丁 ・まな板 ・餅切り機(検索エンジンで「かき餅切り機」等で検索いただければ、いくつか候補が出ます) ・電子レンジ ・お餅を切り続ける体力、腕力

▼作り方

1.まず、鏡餅を「大切り(おおぎり)」します。ここのコツは、電子レンジで暖めておくと切りやすくなります。

1.鏡もちを大切り(おおぎり)します

力が要ります

2.「大切り」したお餅を、「角切り」にします。 

2.角切りにします。

3.角切りにしたお餅を、さらに、棒状になる様に切ります。

3.棒状に切ります。

 4.「1」~「3」を繰り返します。

4.「1」~「3」を繰り返します。

5.切り終わった棒状のお餅を集めて、干します。干す期間ですが、約1ヶ月です。

集めます

干します!

干してる間は、廊下が不通になります。

今年も、おいしい「實相寺あられ」ができて欲しいものです。続きは、2月になったらまた報告します。次回は、「あられの焼き方」になります。

合掌

writer:若ボン

[…]

實相寺、発見!!!

先日、龍安寺近くで所用がありました。

「せっかく近くまで行ったので龍安寺を参拝してくるか」、ということで久しぶりにお参りしてまいりました。

庫裡(くり)の中を程なく進むと、「山城州大絵図」という古地図の展示がありました。

龍安寺蔵-山城州大絵図

この地図をよく見てみると、「安永七年(1778年)」に書かれた物で、今から約230年ほど前の地図です。

龍安寺蔵-山城州大絵図年号

そして、ふと、上鳥羽の辺りをみてみると・・・・・・、

ありました、實相寺!!!!発見です。

實相寺ありました

今更ながら、實相寺も古いお寺なんだなぁ、と実感しました。

合掌

writer:若ボン

紅葉は、まだですねぇ

朝晩、めっきり寒くなってきました。朝は、ストーブを付けないと布団から出られません。

實相寺にも、もみじの木が何本かあります。少し赤くなってき始めました。

今月末頃には、真っ赤になると思います。

もみじの木

合掌

writer:若ボン

御会式、琵琶奉納演奏会終了なう

昨日、お会式法要と琵琶の奉納演奏会を無事に終えました。檀信徒の方々には御参拝いただきまして、ありがとうございました。 

また、琵琶の奉納演奏会にご来寺いただきました皆様にも厚く御礼申し上げます。おかげさまで70名弱の方に足を運んでいただき、盛況のうちに演奏会を終了できました。 

当日の様子を写真を交えて少しご紹介します。 

◇御会式の様子

当日、門中寺院、檀信徒の皆様、護持会役員、ならびに総代様などからたくさんのお供えをいただきました。ありがとうございます。

本堂の様子

御会式は、桜です。

◇琵琶奉納演奏会の様子

御会式終了後、少しの休憩を挟んで藤内鶴了様、小野川万智子様に琵琶による奉納演奏をいただきました。厳粛な雰囲気の中、心地よい琵琶の音が本堂内に響き渡りました。檀信徒様以外の来寺もたくさんあり、70名弱の演奏会になりました。

琵琶奉納演奏会の様子

◇うなずきのお祖師様 

實相寺に伝わる秘仏「うなずきのお祖師様(=点頭宗祖尊像)」をご開帳いたしました。たくさんのお参り、ありがとうございました。

(写真は、ご開帳後のものです。)

うなずきのお祖師様

◇最後に(御礼)

最後になりましたが、奉納演奏をいただきました藤内鶴了様、小野川万智子様には厚く御礼申し上げます。また、次の機会にお願いをさせていただくと思いますが、よろしくお願いいたします。

合掌

[…]

秋の實相寺ファーム(仮)vol.2

朝晩が本当に寒くなってきました。お寺もストーブの準備をしております。

實相寺ファームですが、順調なヤツとあまり元気のないヤツがおります。

實相寺ファーム(仮)

◇手前から

1.白菜 2.ネギ 3.大根 4.ほうれん草 5.チンゲンサイ 6.ニラ

大根クンは元気なのですが、チンゲン君とホーレン君はいまいち元気がありません。

順調に育ってくれればいいのですが。。それにしても、今年の野菜の値段、高いですねぇ・・・・・・・・・。

大根クン

合掌

writer:若ボン

Page 1/212