お盆の行事、終了です!!

本日、盂蘭盆施餓鬼会を迎えました。

檀信徒の方々にはたくさんの御参拝をいただきまして、誠にありがとうございました。

また、檀信徒の皆様、護持会役員、ならびに総代様などからたくさんのお供えをいただきました。ありがとうございます。

 

それでは、当日の様子を写真を交えてご報告いたします。

▼實相寺の盂蘭盆施餓鬼の準備風景

本堂の様子

實相寺の施餓鬼では、門中4ヶ寺のお寺さんに出仕いただきまして、法要を厳修しております。

ですので、式衆の座布団が4つあります。

本堂の様子(2)

お供え

今年も實相寺ファームで採れた野菜をお供えさせていただきました。

本堂外

お膳

提灯を飾って、お膳を備えさせて頂いて、いざ本番っ!!!

 

▼施餓鬼の様子

連日、暑い日が続いている中で、14時からの施餓鬼時には汗がしたたり落ちるくらいの暑さでした。

毎年、暑くなっている様な気がいたします。

施餓鬼の様子1

施餓鬼の様子2

 

無事に今年のお盆の行事もすべて終わりました。各家檀信徒の皆様におかれましては、種々ご協力を賜りまして

誠にありがとうございました。この場をお借りいたしまして御礼申し上げます。

 

合掌

writer:若ボン

 

[…]

境内の花(第12弾)

お盆の最中に境内の花(12弾)をお届けいたします。

草花たちは、楚々として美しい花を咲かせて、私たちの心を和ませてくれています。

檀信徒の皆さんから、「水やり大変でしょう?!」と何気なくお声をかけていただくと、何となくホッとする今日

この頃です。

 

▼@紅葉葵・・・花の寿命は1日です。でも次々咲きますよ。アオイ科の多年草。高さ約2メートルになり、茎は木

質化する。葉は深手のひら状に裂けていて、カエデに似る。夏、赤い大きな5弁花を開き、1日でしぼむ。北アメ

リカの原産。観賞用。蜀葵(こうしょっき)。《季 夏》

@@花言葉は、「温和」です。

紅葉葵

 

▼@四季咲きクレマチス・・・剪定すると繰り返し咲く四季咲きのグループがあります。夏前に剪定した2種類です。

@@花言葉は、心の美しさ、たくらみ、高潔、旅人の喜び

四季咲クレマチス01

四季咲クレマチス02

 

▼@禊萩(ミソハギ)・・・ミソハギ科の多年草。夏の日、水田の畦や水辺で花を咲かせています。ちょうど旧暦の

お盆の頃に咲き、仏前に供えられるのでボンバナ(盆花)とも言われます。ミソハギの名は、花穂に水を含ませ

て供物に水をかける風習が、禊を連想させるところから、ミソギハギ(禊萩)と呼ばれ、それが変化したものだとの

説もあります。

@@花言葉は、「悲哀」「慈悲」「愛の悲しみ」「純真な愛情」

ミソハギ01

植物の世界(朝日新聞社.44巻)には、精霊棚に水をかけるのに使われるのでショウリョウバナ、ミズカケグサの

別名があると記載されています。ミゾハギ(溝萩)と呼ぶ地方もあります。

「供物に水をかける風習について、江戸中期の国学者天野信景は、昔の医書にミソハギが喉の渇きを止めるの

に効くとあるので、亡者の渇きをいやすために、この草で水をかけるのではないかと述べている。」

(図説 花と樹の大事典 柏書房)とあります。

みそ萩や 水につければ 風の吹く  一茶

ミソハギ02

(参考)@@@ http://www48.tok2.com/home/mizubasyou/28misohagi.htm

Written by […]

境内の樹木(2)【くす玉の木】 ヨウラクタマアジサイ

境内にはいろいろな樹木が植わっていますが、珍しいもの、特色のあるものなどを紹介してみたい。

境内の樹木(第2弾)は、『くす玉の木(ヨウラクタマアジサイ)』を紹介しましょう。

▼@『くす玉の木(ヨウラクタマアジサイ)』

このアジサイは変わっています。つぼみがくす玉のようになっていて、それがはじけて花が出ます。雨でちょっと痛んでしまいましたが、半日陰で休んでもらっています。さてどんな色になるのか楽しみです。

▼@つぼみがくす玉のようになっている。

くす玉のつぼみ

▼@“くす玉の木”ヨウラクタマアジサイが開花しました!普通のアジサイより遅れて8月になってから開花しました。

くす玉の開花01

くす玉の開花02

Written by Gyougen

 

[…]

お盆行事、スタートです

今年も暑い夏がやってきました。實相寺では、お盆の行事がはじまりました。

今年も、8月3日~6日の予定で本堂回向を厳修させていただきました。早朝よりのお参り、また、暑い中のお参りありがとうございました。

 

▼本堂回向とは??

實相寺では以前は、お墓参りに来られた檀家さんの各家のお墓の墓前でご一読、ご回向させて頂いておりました。

ただ、お参り来られたの檀家さんが炎天下の暑い中、順番待ちをされていることが多く(多い時で1時間!)、

これはなんとかしなければということで始めたのが、「本堂回向」です。

本堂にて、読経と各家の各霊位の法号を読ませていただきまして、ご回向させていただいた後にお墓に塔婆を建立

していただくというやり方で実施させていただいおります。

 

▼本堂回向の様子

各日、朝の7時、8時、9時、10時、11時と5回、本堂回向を執り行わせていただきました。(4日間合計20回)

本堂回向の様子(1)

本堂回向の様子(2)

本堂回向の様子(3) 参拝が少ない回もあります

 

この方法にさせていただいてもう10年ほどになります。お子さん連れの檀家さんも多く、当寺としては嬉しい限りです。

たくさんのお参り、本当にありがとうございました。

さて、明日から棚経再開です。気合いで乗り切りますっ!!

 

合掌

[…]

今年もアイツがやってきた

京都も梅雨明けし、いよいよ夏本番となってきました。

「夏」といえば、アイツっ!!

そう、今年も早速アイツがやってきました。

 

アイツです

朝から夕方まで、ミンミンミンミンうるさいです。これが8月いっぱい続くと思うと、、、

げんなりです。

 

さて、實相寺の境内ですが、夏の花が咲き誇っております。

蓮の花

綿の花

桔梗

桔梗は、そろそろ終わりそうです。

實相寺では、お盆の準備を進めております。8月になりましたら、ご家族そろってお寺にお参り頂きますよう

お願い申し上げます。

 

合掌

writer:若ボン

[…]

境内の花(第11弾)

境内の花(第11弾)は「ハス」「スイレン」です。今年はなぜかしら芽吹きが起こらないのですが、この「皆帰妙法」いうハスだけは元気に芽吹き花を咲かせてくれました。ハスの花は、開花3日しか見られません。しかも午前中だけです。

皆帰妙法

「皆帰妙法」のハスの花を見てみようとされますなら、明日の午前中に「實相寺」まで散策にお越し下さい。

スイレン

「スイレン」開花も3日だけです。本日咲きましたので、明日の午前中に「實相寺」まで散策にお越し下さい。

Written by Gyougen

Gyougenのfacebook(http://www.facebook.com/profile.php?id=100003558082573)も覗いて下さい。

境内の花(第10弾)

境内の花(第10弾)

境内にはキキョウが咲き乱れています。實相寺にはキキョウの花が五種あるはずですが、現在は四種が咲いていて、あと一種の花が見られません。どのような色か、どのような花かは咲いたときのお楽しみです。

キキョウ

キキョウ

キキョウ「

キキョウの花には色違いの外、境内の花(第8弾)で紹介した「一重」と「八重」があります。

五種目の花は、どのような花でしょう・・・ネ?

Written by Gyougen