–鐘撞堂移築

作成年(西暦) 1885年
年号 明治18年
文章カテゴリ 建築願い
執筆者 實相寺 日隋上人(当山歴代第五十四世)
宛先 京都府知事 北垣国道
概要 鐘撞堂の転地
備考

鐘撞堂の移築は、明治18年になされた。棟札には当時の世話人の名前も記載されていた。

以下の棟札は、平成16年の鐘撞堂建て替え工事中に見つかったものである。

また鬼瓦は、その時見つかったものである。

最近、鐘楼堂転地幷営繕願という文書が出てきました。

この文書により、棟札に書かれている文章が『鐘楼堂転地幷営繕願』と同一文章であることが確認できた。

鐘楼棟札001

上記の棟札は、鐘撞堂の平成の建てかえ時に、新しい棟札と共に屋根に貼り付けた。

05.kawara

翻刻資料 鐘楼堂転地幷営繕願


2011.01.23 住職筆

<<目次戻る


▼詳細な記録データをご希望の方

・当山では、詳細なデータを管理しております。詳細データをご希望の方は、問い合わせページよりご連絡ください。