–明治18年石碑

作成年(西暦) 1885年
年号 明治18年
文章カテゴリ 石碑
執筆者 輟耕吟社
宛先  
概要 芦の丸屋の修繕
備考  

明治になると十八年、かなり規模の大きな修繕が行われたらしく、実相寺の境内に今も次の石碑が立っている。
「芦の丸屋」は、明治18年に修繕された。その経過を簡潔に書き記している。

實相寺石碑001

[ 翻刻文書 ]

  此丸やの頽圮(たいひ)を歎きて
  寺主上野日随と謀り
  修繕を加ふと云爾
     明治十八年中秋 輟耕吟社
 

裏に、村岡耕堂ほか七名の名が刻されている。


2011.01.23 住職筆

<<目次戻る


▼詳細な記録データをご希望の方

・当山では、詳細なデータを管理しております。詳細データをご希望の方は、問い合わせページよりご連絡ください。