–本堂・庫裡造作御願

實相寺の建築関係で今見つけているところの1番古い資料は、この「享保19年(1734)」の「乍恐造作御願」の古文書です。  

作成年(西暦) 1734年
年号 享保19年11月
文章カテゴリ 建築願い
執筆者 實相寺住職
宛先 京都 奉行所
概要 實相寺は、東西に25間2尺、南北に52間ありますが、図中の墨で書いたところが痛んでおります。図中の通り本堂の修理、庫裏の修理を許可をお願いします
備考  

▼1734(享保19)年文書   造作御願 

01.享保19年造作御願(1)

01.享保19年造作御願(2)

 

享保19年文書翻刻文

 

 ▼造作御願(裏書き) 

裏書きには、「中主水」の署名黒印があります。   

02.享保19年造作御願(裏書き)

02.享保19年造作御願(裏書き)-翻訳文章

▼1734(享保19)年文書 口上書 

同年には次のような文書も出していますが、いまは、「控え」のみが残っています。
享保19年11月に出した文書に対して普請が出来たので、「部分的」御断の文書のようです。 

03.享保19年 口上書(控え)

03.享保19年 口上書(控え)-翻刻

   


2011.01.18 住職筆   

<<目次戻る   


 

▼詳細な記録データをご希望の方

・当山では、詳細なデータを管理しております。詳細データをご希望の方は、問い合わせページよりご連絡ください。