兼友詠草切

この詠草切りは兼友によって書かれており、松永貞徳翁を上鳥羽實相寺に葬ったことを誌す文書といえる。

作成年(西暦)  1653年頃
年号 承応2年頃
文章カテゴリ  詠草切
執筆者 望月長好(広沢兼友)
宛先
備考 兼友詠草切といわれている文書である

@兼友詠草切

兼友詠草切

 

@兼友詠草切翻刻

兼友詠草切翻刻

 

 

2012.05.31 住職筆

<<目次戻る


▼詳細な記録データをご希望の方

・当山では、詳細なデータを管理しております。詳細データをご希望の方は、問い合わせページよりご連絡ください。