–京都町触集成より

実相寺が朝鮮通信使の休憩所となり、修復等の入札が行われる。
30〔京都町触集成〕宝暦十二年十二月二十六日

作成年(西暦)  1762年
年号 宝暦12年
文章カテゴリ  京都町触集成
執筆者
宛先
備考 史料 『京都の歴史』南区13  平凡社刊

京都町触集成

来未年朝鮮人来朝二付、上鳥羽村実相寺取繕御修復損料
仮建物等入札有之候間、望之者ハ明廿七日より同廿九
日迄之内、寺町通丸太町上ル所、中井主水方へ家持二而
家持請人召連罷越、根帳二付、仕様帳写取、来未年正月
四日・五日場所見届ケ、同七日四つ時、阿波於御役所
札披候間、此旨可相触者也。
午十二月廿六日

(史料 『京都の歴史』南区13  平凡社刊 291頁より)

實相寺修理等の入札お触れ

2012.07.23 住職筆

<<目次戻る


▼詳細な記録データをご希望の方

・当山では、詳細なデータを管理しております。詳細データをご希望の方は、問い合わせページよりご連絡ください。