東京からの来訪者

本日の夕方、ピンポーンと呼び鈴が鳴ったので玄関に出てみると、学生さん2人がいらっしゃいました。よくよくお話しを伺うと、「三宅嘯山(みやけしょうざん)」の研究をされている、早稲田大学の博士課程の学生さんとのことでした。

当寺には、「三宅嘯山」のお墓があります。

三宅嘯山の墓

【三宅嘯山】
江戸中期の俳人・儒学者。名は芳隆、字は之元、別号は葎亭(リツテイ)など。京都の人。漢詩文に長じ、青蓮院宮の侍講となる。
与謝蕪村・炭太祇と親しく、京都俳壇革新の先駆で、『平安二十歌仙』吟者の一人。編著は『嘯山詩集』・『俳諧古選』・『俳諧新選』・『俳諧独喰』など。

東京から来られたそうです

できあがる論文、楽しみにしております。

合掌

writer:若ボン

3のコメントがあります : 東京からの来訪者

  • 来訪者

    先日は突然の来訪にも関わらず、
    いろいろと御高配を賜りまして、
    誠にありがとうございました。
    論文が出来ましたらお送り致したく存じます。
    取り急ぎ、コメント申し上げます。

    • wakabon

      先日は、寒い中ご来寺いただきましてありがとうございました。
      もう、東京に戻られました??
      とびっきりの論文を楽しみにしております。

  • 来訪者 其の二

    先日は誠にありがとうございました。
    門外漢の私にも皆様のお話は大変興味深かったです。
    また、冷え込みの厳しい一日でしたので、熱いお茶が
    大変有難かったです。
    重ねて御礼申し上げます。