鏡開き

正月も過ぎ、お寺も落ち着きを取り戻しております。

さて、先日、實相寺では鏡開きをしました。

お鏡さんを開く(切る)イベントです。

實相寺では、毎年、鏡餅を切って、あられを作っております。

今回は、鏡餅を切って、乾すところまでの作業を行いました。

この時に活躍するのが、餅切り機。昔は1日がかりだったのが、2時間ちょっとで終わるようになりました。

ホームセンター、ネット通販で購入できます。

 

1.鏡餅をまず、大まかに切る

電子レンジで1分弱、チンをして切ります。

えいやー!

 

2.柵状になった餅をさらに細かく切ります

だいたい、ぜんざいのお餅の大きさくらいに切ります。

どりゃー

 

3.あられの大きさに切ります。

食べやすい大きさにします。

しゃきーん

 

4.できあがり

2升餅を約20個、ぶった切ります。

できあがり!

 

5.乾します

餅って、意外と水分を含んでおります。約2週間ほど乾燥させます。時々場所を移動させてカビないようにします。

乾燥中・・・

 

鏡餅の加工方法は、お寺によって様々だと思います。皆さんのお寺では、どのようにされていますか??

 

合掌

writer:若ボン

 

 

 

 

コメントはクローズされています.