「春季彼岸会 諷誦」終了

本日、3月20日の午後2時より實相寺にて「春季彼岸会 諷誦」を厳修させていただきました。
30名を超える参拝をいただき、誠にありがとうございました。

本堂での法要終了後、住職による「實相寺鐘撞き堂の移転に関する實相寺古文書の一部(明治18年)」の法話がありました。

法話の様子

法話の様子

以前の鐘撞き堂は、今の鐘撞き堂の位置より少しずれた位置にあったそうで、皆さん興味深げに聞き入っておられました。

 

境内に目を移すと、春の花がちらほら目を出してきております。

梅の花

桜のつぼみ

今年も蓮の花を植え替えました

 

さて、あさって彼岸の結岸にあたる3月23日に「祠堂施餓鬼会法要 」が執り行われます。

お時間の都合がつきましたら、参列、焼香をたまわりますようによろしくお願いいたします。

 

合掌

writer:若ボン

 

 

 

コメントはクローズされています.