妙実上人650遠忌の準備です

GWも終わり、季節も良くなって参りました。

当山では来る5月11日(土)に大覚大僧正妙実上人の650遠忌を勤めます。

実は、、当山の開基上人は大覚大僧正妙実上人でございます。

「時の天皇が妙実上人に祈雨の祈祷をお願いされたところ、妙実上人は僧300人を引き連れて

桂川のほとり鍋々渕で祈祷したところ、みごと降雨した」という話が伝わっておりますが、その祈祷の

場所跡が当寺でして、今でも当寺の住所は「上鳥羽鍋ケ渕町」と言います。

各方面の新聞等にも掲載していただきまして、それを読まれて当山に参拝に来られた方もいらっしゃいました。

 

さて、本日、法要に向けて準備をいたしました。妙実上人、お祖師様の前にお座りいただきました。

妙実上人

普段は厨子の中にお座りいただいてます

このお像ですが、作られた年号が裏書されております。

当山30世日深上人が発願されました

享保八年の文字が見えます

作成年が享保八年ということですので、1723年8月になります。ざっと、290年ほど前のお像です!!

この御像も、たくさんの人を見守ってこられたと思います。これからも大切に格護していきたいと思います。

 

合掌

writer:若ボン

 

 

コメントはクローズされています.